外科治療

治療をおこなったとしてもポケットの深さがそのままとなってしまった場合、そのポケット内部のよくない最近などが除去されていない状況などに対し、外科的な手段でポケットの深さを減少させる手術がある。また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる再生療法を行う場合もある。手術はそれぞれの歯の状態にあった方法で対応される。ポケットが改善されれば、メンテナンスに移行する。
ブラッシング方法は、ブラシの毛先が歯にあたっていなければ、歯垢(プラーク)はとれない。磨きたい所に毛先をあてられない人のほとんどは、自分では磨いているつもりなのに磨けていない人なのだ。磨き方のポイントとしては、まず、毛先を磨くポイントに確実にあてる、ということに気をつける。最初は、鏡を見ながら毛先がとどいていることを確認するのも良いだろう。ハブラシは、横にでも、縦にかき出す様にしても、円を描く様にしても、動かし方は小さくすると良い。つまりは歯肉と歯とを傷つけないでプラークをちゃんと落とせればOKなのだ。
歯は軽く磨く様にする。力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまい、歯や歯肉を痛めてしまうことになるし、さらには、歯垢(プラーク)が落とせていないことになる。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度で良い。
そして、細かく動かすこと。毛先を使って磨く方法が歯垢(プラーク)の除去には効果的である。気を抜けばざっくり磨きがちになるが、歯には凹凸があるため小刻みに動かさないと、へこみ部分には毛先が届かない。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先がでてしまうので注意が必要だ。