知覚過敏

極端に冷たいものを取らないのに、日常生活を送るなかで問題になる痛みが起こってしまう状態を知覚過敏という。 知覚過敏は、冷たい物など温度刺激以外にも、擦れたりする摩擦などに敏感になってしまうこともある。 冷たい物がしみる人は、歯の神経が敏感になっている事が考えられる。
歯の神経が敏感になる原因は、虫歯ができてしまっている、詰め物に隙間がある、歯にひびが入っている、歯茎が下がっている、歯ぎしりなどで歯がすり減っている、詰め物がはずれたままになっている、などの症状があり歯の神経が敏感になってしまう状態だ。
単なる知覚過敏と思われる場合でも、歯がしみる症状がひどい場合は、歯の神経に炎症が起こってしまっている可能性が高く、歯の神経を取る必要がある場合もある。歯がしみてしまう原因を確認したうえで、治療を行う必要がある。
知覚過敏の症状については、1つは、歯にひびが入っている場合がよくある。歯と歯茎のつけねの部分が、えぐれてしまっている状態も見かける。また、食いしばりや歯軋りで歯がすり減ってくると、歯の先端のすり減った部分から、ひびが何本も入ってしまうことがよくある。
歯のひびが原因での知覚過敏は、ひびの大きさによって処置が異なる。歯をぶつけた場合などに歯に入ってしまったひびや、根っこの先の方まで入ってしまっているようなひどいひびは、歯を抜かないと知覚過敏が取れない場合もある。普通、日常生活ではこういったことは起こりにくい。
歯の一部に入ったひびが原因で少し知覚過敏になりやすい感じであれば、レジンという詰め物をひびに詰めるだけで症状が緩和する場合が多い。