歯ぎしりなどで歯がすり減っている場合などの知覚過敏

歯のエナメル質は、わずかだがしだいにすり減ってしまうことがある、歯がすり減ったことで、象牙質が露出してしまい、知覚過敏を起してしまうことがある。歯ぎしりなどですり減ってしまっている人は、歯の形が四角くなってしまう。また、歯と歯を噛み合わせた時に、上下の歯がぴったりと合う場合は、歯軋りでかなり歯がすり減ってしまっていると考えられるだろう。
歯軋りで歯がすり減っても、通常は長期的にすり減っていくので、歯の神経の内部に刺激を遮断する構造が徐々にできるため、知覚過敏が起こることはあまりない。ただし、短期間の歯軋りで知覚過敏になったという場合には、刺激を遮断する構造ができる前に、知覚過敏が起きた状態となったものと考えられる。
歯がすり減ってしまった場合は、噛み合わせを含めて、オールセラミックなどの差し歯で直す場合もある。噛み合わせと、歯の形を改善するために、オールセラミックで治療するのである。
歯の先端がすり減ってしまう人は、歯の先端だけプラスティックの詰め物で直しても、すぐに悪くなってしまうので、丈夫なオールセラミックで治療することが良い方法ではないだろうか。
詰め物が外れたままになってしまっている場合の知覚過敏は、詰め物が外れてしまったために、食事でも歯にしみてしまうことがある。また、外れた穴に汚れが溜まりやすくなり、虫歯が進行してしまうので、早めに治療することが必要だ。虫歯ができてしまっている場合の知覚過敏としては、知覚過敏の症状を感じて、始めて虫歯に気づくこともある。虫歯が小さいうちに見つけられれば、1日で終わる簡単な処置で終わることができる。