歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏

最近、歯が長くなったと思ったら、歯磨きをするのに歯がしみてしまう、ということはないだろうか。または、お湯を使用しないと歯磨きできないという場合などは、かなり重症の知覚過敏である。
歯の正常な状態とは、歯茎のなかに歯根がおさまっている状態である。このような構造をしていることで、歯の内部にある象牙質や歯の神経には刺激が伝わらず、痛みなどは起らないようになっている。
加齢とともに歯茎がやせたり下がったりしてしまうことで、歯根が表面に露出してしまうことがある。このような状態になると、歯ブラシの先端があたったり、冷たいものでしみたりする。
歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏の治療は、下がった歯茎の部分にレジンという詰め物を詰めて、過敏症を抑えるのが一般的な歯科治療だが、歯が長くなってしまうので、見た目にはよくない。歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる歯茎の再生治療という方法もある。
特に前歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療で歯茎を回復させるのが知覚過敏の治療以上に見た目がよくなるので、希望する人も多い治療である。
綺麗に再生させることが難しいので、歯茎の再生治療をやっていない歯科医は多い。歯茎の再生治療をしっかりと行っている歯科医を探す必要がある。
歯の表面に歯石がたくさん付いているような場合、それを取り除いた時にも同様の状態となり、歯石をとっている時にも器具が象牙質表面に触れたり、水をかけて処置をしたりするので、知覚過敏と同様の痛みを感じることがある。