知覚過敏の治療法

「知覚過敏症」というのは、時間経過でいつのまにか治ってしまうこともよくある。症状が軽いものの場合におきやすい。象牙質が外気にさらされている部分で、歯みがき粉や“だ液”の中の再石灰化成分の影響で、象牙質のわずかな隙間がうまってくるためではと考えられている。外気にさらされた象牙質は、歯みがきでさえも痛さを感じるほどになっていることもあるわけだが、その場合に歯みがきを十分に行わないと、歯垢(プラーク)が付着してしまう。歯垢中には虫歯菌がいて酸を作り、歯の表面部分をとかしている。石灰化とは逆の脱灰とよばれる状態だ。知覚過敏の改善という面でも歯みがきは非常に重要な役割がある。
知覚過敏というのは、歯の神経部分が刺激を感じとって、シグナルをさらに送信することで、痛さを感じる。このシグナルを送信させまいとすることが重要なのだ。
よって神経をおとなしくさせるという治療法も存在する。カリウムイオンが歯の内部の神経の周囲をかこんでいる場合に、神経の細胞がおとなしくなりやすいという習性を利用した治療法だ。

外気にさらされた象牙質部分の隙間を、歯と類似した成分をはじめとするものでうめていくことにより、神経へ刺激などが伝達していくのがふせがれていくことで、知覚過敏をおさえることができる。デンタルクリニックで物質をぬる方法のほか、歯みがき粉でもそういった成分を有しているタイプもある。