詰め物に隙間がある場合の知覚過敏

虫歯治療やホワイトニング治療をしたときに、知覚過敏を感じることがある。治療で一度詰め物を詰めたら大丈夫と思っていると、大変なことになることがある。金属の詰め物は変形して、歯と歯の間に隙間ができてしまうことがよくある。詰め物の隙間が原因で知覚過敏になってしまうこともある。早く見つけて歯科医に治療をしてもらう事が肝心だ。
今まで痛くなかった歯の歯石を取った後、痛みが出てしまうという経験をした事はないだろうか。
歯周病の定期的なメンテナンスや、歯周病が進行してしまった場合の治療時に、歯石を取ったりすることがある。歯石を取ることで歯周病の原因菌を除去することも可能であり、歯周病を進行させないために重要になる。そのため、歯石を取った後に知覚過敏が出てしまった場合には、知覚過敏の処置をすることになる。
とはいえ知覚過敏になるのが嫌だからといって歯石を取らないと、歯周病が進行してしまうので、歯にとってはもっと歯周病が進行してしまうことになる。
知覚過敏になってしまう場合の原因は、歯石を取った後は歯が敏感になっているため、冷たいものや熱いものがしみてしまうことがある。これは歯の表面に付着していた歯石などの細菌の固まりが、冷たい物の刺激が伝わらない程度の厚みでついていたために、歯にしみなかったものが、歯石を取ることで直接刺激が歯に伝わるようになったからである。 虫歯はないのに歯が痛い場合は、たいていこういった知覚過敏が関係している。知覚過敏がひどく痛み止めも効かないとうい場合には、神経をとる処置が必要になることもあるが,個人差があるので、刺激を加えないようにして神経を安静にしておくと、症状が改善されることも多い。知覚過敏の薬を歯に塗ることで症状が軽減することもある。