歯周病の治療1

いくども歯みがきについて教わっていたとしても、そこそこしかみがけていない。どうすれば、もっと丁寧にみがけるようにすることが可能となるのだろうか。
歯みがきをしていて大切なのは、その時にどれぐらいみがけていたかよりも、全部の歯をみおとすことなくみがけていたかだ。歯科医には、毎日通うわけにもいかないだろう。そこで治療の目的での通院期間の間に、みがき残しがおきないよう、みがけないところがないように教わることが大切である。
通院中は、全てを自身でできなくとも治療の中で、たまりきっていた歯石を取り除いてくれるはずだ。治療の後であっても歯石取りを定期的にしてもらえば、歯周病となってしまう確率も減るだろう。
もしきちんと歯をみがくことができているならば歯石はつくことなどないはず。だが実際はなかなかそううまくはいかない。歯石のつきやすさにも人によって差がうまれる。歯みがきを教わっていたとしても時間がたてば、その記憶が曖昧に疎かになりやすいというのも事実である。
どれぐらいの期間を目安として、歯科医に行けばよいのだろうか。
1年に数回ほど通うと良いといわれている。
またかかりつけの歯科医を決めて、歯石のつきやすさなどを診てもらえば、自分が定期健診をどのぐらいの期間で受ければよいか教えてもらえるはずだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です