歯周病の治療3

入れ歯を支えている金属がかかっている歯がぐらぐらして、歯の周りの骨がなくなってしまうのは、歯周病のせいなのだろうか。
入れ歯を支えている金属がかかっている歯は、ほかの歯よりも負担が大きいので、長い間使用していると、歯を支えている骨が吸収されることがある。これ自体は歯周病ではないが、入れ歯を支えている金属がかかっている歯はプラークがつきやすく、歯周病に侵される危険も高くなってしまうので気をつける必要がある。
歯周病の治療をしていて自分の歯を残してもらいたいが、抜いた方が良いと言われた場合どうすればよいのであろうか。
歯周病の治療により、歯肉の炎症はほとんどなくなり、歯周病の進行はほぼ止まる。ところが、歯を支える中心となる骨がなくなっていると、歯肉があっても歯が抜け落ちてしまうので、しっかり噛むことができなくなってしまう。こうなると症状が進んでしまったということで、歯を抜くことになってしまう。
歯周病の治療に歯石をとったら歯ぐきが下がってしまい、すき間が空いてきた。そこに食べ物がはさまったり、息が抜けて話しにくくなったりしてくるような場合は、どうしたらいいのだろうか。
歯石を取った後、歯肉が下がるのは、歯石を除去したことで歯肉の腫れがひいたためである。すき間が開くと、結果的に食べ物がはさまりやすくなる。また、息が抜けて話しにくくなる。食べ物がはさまるのは、ある程度は加齢による自然なものともいえるが、挟まったままにしていると歯垢が蓄積して、これが原因で歯周病が再発してしまうことがあるので、きちんと歯ブラシや歯間ブラシで除去しておかなくてはならない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です