歯周病の治療4

「重い歯周病だね」と診断され、「早く抜いたほうがいいかもよ」などといわれた状況であっても、どうにかこうにか歯を残すことはできないのであろうか。
もし保存するのが困難になっている歯を残しておくと、隣の歯を支えている骨が無くなってきてしまう。また、その歯をたとえ抜いたとしても、そのままにしておくと、後で入れ歯を入れるのも難しくなってしまう。また、歯が腫れたり痛みが出たりするなどの、不快症状を繰り返す原因にもなってしまう。このような症状が気になり、これを無くしたいのであれば、すき間の空いた歯にそれぞれ金属や白い歯のかぶせ物により対処できる。しかし、この場合歯を削る必要があるので、歯科医とよく相談することが肝心である。
歯周病の治療で歯石をとった後、歯に水やお湯がしみたり、歯が少し浮いた感じがして噛みにくくなってしまった。治療を受けたのにもかかわらず、こういう症状が出てきてしまうことはなぜなのであろうか。
歯周病の場合、歯と歯肉の間にできた歯周ポケットの中に歯石は付着している。この歯石を取ると歯の根の部分が露出してしまう。この部分は歯の神経に近いので、冷たいものがしみやすくなる。この場合、しっかりと磨いていれば、歯周ポケットが浅くなってしみなくなるが、しみるのには個人差もあり、症状が激しい場合は、歯の知覚が過敏になったことに対する治療が必要になる。
歯がかなり弱っているときは抜いた方が良い場合もある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です