歯科治療

フロントページ歯科治療を行ううえでメジャーな歯の病気のひとつが歯周病です。歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなったりして、最後には歯が抜け落ちてしまう病気である。虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ないという事が歯周病の怖いところだ。
歯肉や歯槽骨などから、歯を支える組織は形成されている。歯肉に炎症が起きるのを歯肉炎、歯槽骨まで及ぶのが歯周炎という、以前は歯槽膿漏と呼ばれていた。両方を合わせて歯周病という。
歯周病の原因は歯垢(プラーク)である。歯垢は、ネバネバとした薄い膜で、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできている。歯垢は次第に堅くなって歯石となる。これが感染を招き、次第に歯の周囲に隙間(歯周ポケット)ができ、歯を支えている歯肉や歯槽骨などの組織を破壊していく。
歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき歯科治療が歯周基本治療である。治療には、原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の噛み合わせの調整などがある。歯垢の除去をプラークコントロールといい、そのほとんどは自宅でのセルフチェックとなる。場合によっては、歯科医院で器具を使って行うこともできる。
歯周病は細菌感染症で、その発症には数種類の細菌がかかわっており、歯垢を長期間放置する事で、バイオフィルムという細菌集団の膜が歯に強固に付着し、歯周病を進行させていく。歯周病の何らかの症状がすでに現れており、歯周治療を希望して来院する患者の多くは、かなり病状が進行しているケースが多く、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要である。
そのためにも今一度歯科治療や予防治療などを考えてみるのはいかがでしょうか。